AKA施術

AKA法とは

矯正イラストAKAとは、関節運動学的アプローチの略で、関節の動きを正常化することで痛みや関節可動域の改善を行う施術法です。

関節の機能障害に対して行う施術法なのですが、関節の機能とは関節の動きを指します。

関節の機能障害もしくは機能異常とは関節の動きが痛みや何らかの原因で悪くなった状態を言い、AKAは関節の動きを痛みやその他の原因を解消し動きを正常化していく施術です。

AKA施術で対象となる関節は、肩関節や股関節など大関節と呼ばれる様な可動域が大きくダイナミックな動きをする関節だけではなく、椎骨間の関節の様に動きが小さく複雑な関節にまで及びます。

特にAKAでメインとなる関節は仙腸関節で、骨盤の仙骨と両サイドの寛骨を接続する関節で動きは複雑で、周囲に強靭な靭帯が張っているために、動く範囲も1.2㎜程度という関節です。

しかし、その小さな動きが悪くなると、腰痛をはじめ肩こり、側弯からの背中の痛み、下肢の関節の動きの悪化など様々な痛みや異常が出てきます。

逆にその1~2㎜という小さな動きを解消することで、痛みがなくなったり関節の動きが良くなったりと、驚くような結果が出ます。

施術自体は、動かし方もソフトでゆっくりですので、痛みの強い方や高齢の方、妊婦さん、小さなお子様(乳児も可)でも安心して受けて頂くことが出来ます。