スポーツ外傷

男の子がスポーツでケガをしている図

  • 野球をして肩を痛めてしまった
  • サッカーをして足首を捻挫した
  • 腰が痛くてゴルフを楽しめない
  • マラソン中、足の裏が痛くなる
  • 長時間走ると膝が痛い

スポーツでの怪我や痛みについて

足首を触る写真スポーツをする上で同じ部分を怪我したり、痛みのあるまま運動をしてはいませんか?

ラグビー、サッカーはもちろんのこと、野球や陸上競技などでも、スポーツや格闘技を行う上で怪我は付き物です。

筋肉痛や捻挫は、自然に良くなることもあります。

しかし、ほとんどの怪我の場合において、痛みのあるままでスポーツを行うことは、怪我の再発や他の部分を痛めてしまうリスクが高くなってしまいます。

また、痛みが一旦引いた場合でも、関節のズレをそのままにしていると、更に痛めやすい状態になったり、練習などで体を使うことで、なかなか状態が良くならないということが考えられます。

特に多く見られる状態は、足首の捻挫で、良くなるまで練習を休んだりしていても関節のズレを戻さないと、走るたびに熱が生じて冷やすことを繰り返すようになります。

一時的な対応を繰り返すうちに、足首の関節の軟骨に異常をきたし、可動域が悪くなったり、逆に動きを制限しないといけない方向に動くようになったりします。

その他、怪我を元々しなくても、姿勢や癖によって痛みが生じる場合もありますので、詳しくは一度、整骨院元くまなん院にお越しいただきご相談ください。

スポーツ外傷への対応方法

手首の検査スポーツ外傷の施術は、不調の原因を特定し施術方法をご提案するだけでなく、日常生活での姿勢や癖などもお伺いし、一日も早くスポーツへの復帰を目指していただきます。

姿勢や癖から不調が出ている場合は、長年そのままの状態だったため、バランスが取りづらい状態になっている場合があります。

それは、姿勢や癖が安静にしていてよくなる状態ではないからです。

施術だけじゃない!フォームのアドバイスも行います

スポーツ外傷は、直接的な痛みだけでなく姿勢や癖を解消することで、怪我をした原因である悪い姿勢や、競技を行う際のフォームのアドバイスも、施術の対象としています。

そうすることで、怪我の再発や新たな怪我を防止いたします。

原因がはっきりしている場合は、安静が一番なのですが、ただ単に休んでいるだけでは怪我の部分が癒着し硬くなり元の状態にはならずに、関節の動きが悪くなったり筋肉が突っ張ったりします。

そこで血行を解消し、ご自身の体が怪我の回復をしようとする力を付ける施術を加えていきます。そして姿勢や癖の解消のための矯正を行います。

以上のように、基本的には直接的な損傷に対する施術と姿勢や癖に対する施術の二本立てで行なっていきますが、皆様一人ひとり姿勢や癖が違いますので、一度訪れて頂いてご相談ください。