ストレートネック

ストレートネックとは

首の検査ストレートネックは、頚椎(首の骨)が通常は前に凸になっている湾曲が、真っ直ぐに近い状態になっていることを言います。

その首の骨の状態になっている人の多くが、肩こりや頭痛、運動をした時に痛むなど様々な事例から、その脊柱の首の部分の状態をストレートネックと呼んでいます。

ストレートネックとは、特徴的な状態と様々な不調の原因として考えられている為に名前が付けられたと考えられます。

ストレートネックが原因の一端だと考えられる状態は主なもので頭痛・めまい・肩こり・首こり、耳鳴り・ふらつき・自律神経失調などがあり、不定愁訴としてまとめられる場合もあります。

痛みを伴う原因

ストレートネックのイラストストレートネックは、姿勢の悪化が原因と、私たちは考えています。

特に、長時間パソコンやスマホなどを操作するなど、前下方を向く様な姿勢をとり続けることで首に負担がかかりストレートネックになりやすいと考えられています。

原因は、一人ひとり少しずつ違いますが、共通する状態が首の湾曲が無くなった状態、つまりストレートネックです。

頭部は、大人の方で5kgほどもあります

頚椎の湾曲により肩に伝わる衝撃や、頭部への負担を緩めていると言われ、頸椎の湾曲がある為に重心の位置が、腰と胸の湾曲とのバランスを取ることにより、肩への負担を減らします。

首には、頭部と体幹の器官を繋ぐ重要な血管や神経や気管が存在します。

そのため、首・肩周囲への衝撃や悪い姿勢からの負担から筋肉が固くなり、関節にかかる負荷からズレなどが生じると、筋肉のコリや痛みだけでなくしびれや疼きなど神経や血管が圧迫されて生じると考えられています。

施術方法

首への施術写真ストレートネックへのアプローチ法としては、湾曲を正しく整えるための施術を行います。

肩の高さくらいから全方に向かいそのまま真っ直ぐになっているので、湾曲を作り頭部を後方に来るように矯正していきます。

首が真っ直ぐのまま頭部を後方に持って来ると一次的に首の負荷が減って楽になったとしても、肩や頭部への負担が変わらないのですぐに戻ってしまいます。

当整骨院では、筋肉の緊張を緩める筋調整と姿勢と関節の矯正を行います。

アドバイスとして、枕や姿勢の指導などを行うことでストレートネックからの回復もおこなって行きます。

痛みが強い場合の注意点

痛みがひどい場合は、痛みの原因と考えられる筋肉への負荷を減らすことが一番ですが、通常の施術では負荷を減らすより先に、痛みへの対応を優先させてしまいがちです。

負荷のかかった筋肉は張りが強いので、痛み止めを活用したり、筋肉を揉んでコリを緩めようとしたりします。

しかし、ストレートネックの場合、特に首の後ろの筋肉は頭の重さが前方にあることで伸ばされて硬く張りが出ていますので、これを緩めてしまうと直後は痛みが緩和されても、更に頭部の位置が前に行きやすくなり状態が悪化してしまいます。

そうして進行したものに関しては、肩や首に掛かる頭の重さを首用のコルセットなどで軽減すると共に、頭部と首肩の位置関係を整えて首の筋力を少し鍛えることも必要となります。

そうなる前に是非一度ご相談ください。

対策

その痛み、揉んでいませんか?

スマホを触る人のイラスト

ストレートネックで首がつらいときの対策は「原因となる姿勢を長時間とり続けない」の一言に尽きます。

通常、前に凸になっている頚椎は、前下方を向くことで緩やかな形を保てず、長時間その姿勢をとらないか、前下方を向くことで負担のかかる首周り・肩周りの筋肉のケアが必要となります。

ストレートネックで悩まれている方の状態に、肩こりがありますが、首が真っ直ぐになることで頭部の重さを支えている肩に負荷がかかり痛みが生じます。

しかし、それは筋肉が引き伸ばされて生じている痛みであり、姿勢や関節の位置関係を正常な位置に戻さないまま、首や肩を揉むなどして筋肉を緩めてしまうと、余計に不調を悪化させてしまうことがあります。

首が痛いから、こりがきついからと、安易に自己ケアを行うことは、しないようにしましょう。

ストレートネックにならないために

ストレートネックの原因の一つに、就寝時にもストレートネックの状態を作り出している環境があります。それは枕の高さと形です。

安眠のために、枕の高さと形は重要で自分にあったものを見つけるのに苦労している方も多いと思います。

1日の就寝時の姿勢はストレートネックに大きな影響を与えますので、しっかりと自分自身にあった枕か、就寝の方法を見つけることが大切です。

お一人おひとり異なりますので、お気軽にご相談ください。