四十肩・五十肩

肩こりイラスト

  • 肩の痛みが一ヶ月以上続いている
  • 腕が肩の高さ以上に上がらない
  • 肩が痛くて眠れない
  • 夜中に肩がうずいてつらい
  • 肩の広範囲が痛い

四十肩・五十肩とは

年齢を重ねる毎に、肩関節周辺の軟骨や靭帯の柔軟性は少しづつ低下していきます。
それらの組織や細胞が変化し硬くなることで、痛みが引き起こさせることを言います。

不調の原因

肩こりの施術写真肩を動かさないことによって、細胞が変化し硬くなることがあります。

その状態で普通に動かすことの出来る範囲を超えて動かした場合、変化した細胞が傷つけられます。

筋肉と靭帯は複雑な構造で一箇所でも傷付くと少し動かしただけで傷ついた部分が引っ張られ痛みが出ます。

そのために、損傷部位の特定や、痛みの原因を突き止めるのが難しくなります。

筋組織や腱組織、靭帯や関節包といった軟部組織が硬くなるには、年月がかかります。

傷ついた部分が癒着し、血管や神経も巻き込んで細胞がくっついていく過程で、痛みや疼きがどうしても生じてきます。

夜寝ていて痛みが強くなることや、夜間のうずきなどがある原因は、肩関節(損傷部位)が心臓よりも高い位置にある為に、横になった際に立っている時よりも肩の部分の血圧が上がる為に、神経を刺激して痛みや疼きが強くなると考えられます。

つまり四十肩・五十肩とは、肩関節付近に問題があり痛みがあるが、原因や部位が特定し難いもので、原因の根底に加齢による軟部組織の変化があるものと言えます。

多くの方が悩まれている痛み、我慢をせずにご相談ください。

さまざまなケース

突然激しい痛みに襲われた場合

肩が痛い男性腕や肩を動かした時に突然、刺すような鋭い痛みを伴うのが、四十肩・五十肩の典型的なパターンです。
数日ほどで収まりますが、肩を動かすと痺れを伴った痛みが肩から手先に伝わります。

昔と比べて肩が動かなくなる場合

鋭い痛みから鈍い痛みへと変化していき、動かせる範囲が少しづつ狭まります。
痛むからと言って肩を動かさないでいると、筋肉と骨が癒着しさらに動かせなくなります。

施術方法

施術の前に…

  1. 損傷部位の特定
  2. 可動範囲の検査で肩の動きを確認
  3. 上記の二つから導き出した施術と安静
  4. 日常生活を含めた痛みの出る動作の注意点と正しい動作のアドバイス
  5. 可動域を広げるする為の施術とストレッチ方法のアドバイス

上記5つの点を、全力でサポートさせていただきます。

カウンセリング四十肩・五十肩は、軟部組織が硬く変化しているのでその部分を緩めることが大切ですが、長年かかって硬くなっているのですぐに回復することが難しいと言われています。

傷ついてしまった箇所が、周囲を巻き込んでいくために、肩の動きが悪くなっていくのですが、肩関節は人間の体の中でも、一番可動範囲の広い関節でもあり、腕を動かす動作があることで、日常生活の中で再度痛めてしまうこともあります。

当整骨院のアプローチ方法

肩の可動域の確認整骨院元くまなん院では、ハイボルト施術で痛みの原因である箇所や神経を刺激し、四十肩・五十肩特有の疼きや痛みを解消します。

また、超音波と電気を合わせたコンビネーション施術で、癒着した軟部組織を緩めることで可動域を広げることも可能ですし、骨盤矯正で固まり崩れていた関節の構造を元に戻していきます。