腰の痛み

腰痛の女性

  • 腰が固くなっていて重く感じる
  • 太ももの裏に痺れもしくは痛みがある
  • 仰向けで寝ている時に足を上げると腰が痛む
  • 背伸びをすると腰が痛い
  • 自分に合った施術を受けたい

腰痛はなぜ起こるのでしょうか?

骨盤矯正写真

腰は、月(にくつき)に要と書くように、身体の要で上半身と下半身の蝶番となっています。

上半身と下半身を繋げる腰は、ただでさえ負担がかかっている状態です。

前かがみの姿勢での作業が続くと、結果的に腰には大きな負担がかかることになります。そのため、腰の筋肉に張りが出て痛みが出やすい状態となります。

筋肉が張った状態は筋肉がついている骨と骨を引っ張り関節に負担がかかり、この状態が長時間続くと、関節が狭くなり神経や血管を圧迫します。

通常の状態でも、上記のように負担のかかる腰は骨格から見ても脊柱の土台となる骨盤が身体を動かす起点となります。

腰痛を引き起こしている原因が筋肉の損傷だとしても、損傷する原因として骨盤のズレからの姿勢の悪化が要因としてある場合がほとんどです。

諦める前にしっかりと不調を解消しましょう

整骨院元くまなん院の腰痛施術

腰痛施術写真

整骨院元くまなん院の腰の痛みに対するアプロ―チ方法は、痛みのある部分場所だけに施術を行うのではなく、全身のバランスを整え、悪い姿勢の解消まで行います。

腰痛の原因はさまざまですが、筋肉の損傷や、筋肉の疲労などにより神経や血管を圧迫して生じるものが多くあります。

しかし、筋肉の損傷につながる身体の動かし方も、神経や血管を圧迫する筋肉の疲労も、骨盤の歪みからくる、姿勢の悪化が根本的な原因であるということだと私たちは考えています。

だからこそ、直接的な原因である筋肉の損傷の回復だけを助けるのではなく、根本的な原因である骨盤のズレからの姿勢の悪化までも解消していかなければ、痛みを繰り返してしまう可能性があります。

また、骨盤矯正だけでも痛みが良くなることもありますが、そこから生じている姿勢の悪化によって硬くなった筋肉を緩め、関節の動きを正常なものに整えてから、骨盤矯正を行うことで、痛みを解消しやすく矯正の効果も長続きします。

動画でわかる!腰痛にお困りの方におすすめのストレッチ