骨盤矯正後の歩き方で矯正の効果を長続きさせる方法

投稿日:

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の姿勢に関するブログです。

ダイエット目的や日頃の疲れを改善するのに骨盤矯正は有効ですが、以前と同じ生活習慣のままですと骨盤は以前と同じように歪んだ状態へと戻っていきます。

少しでも長く矯正の効果を長続きさせるためには、座り方、立ち方、そして歩き方を改善しなければなりません。

今回は、骨盤矯正後の歩き方で矯正の効果を長続きさせる方法についてお話したいと思います。

正しい姿勢と悪い姿勢の違い

歩く時、座る時には身体に負担が掛かりにくい正しい姿勢と、自覚はできませんが身体のどこかしらに負担が掛かっている悪い姿勢があります。

立っている際に横から見て耳から肩、腰、くるぶしまで一直線になっていると正常な姿勢ですが、悪い姿勢は猫背や巻き肩、前後傾型骨盤などで姿勢が崩れます。

そうなると骨盤も歪みやすいですし、筋肉も本来全身で負荷を分散しているものが一方的に偏り、肩の痛みや腰の痛み、その他痛みなどを引き起こします。

また、血行や神経の通りも悪くなりますから、冷え性やむくみ、ひどい症状になると手足の痺れなども誘発します。

しかも身体のバランスが崩れると、そのバランスを埋めようとするので、ますます姿勢が崩れます。

歪んだ骨盤を元に戻すには

歪んでしまった骨盤は、矯正などで改善が可能です。

しかし、そのまま放置していると改善できるものもできません。

誰かの協力で写真をとってもいいですし、壁に背を付けてみて正しい姿勢の感覚を身につけて癖をつけもよいです。

できることなら姿鏡で肩の高さや、腰の位置などチェックして意識付けをしましょう。

目線を下や上に向いていると姿勢が崩れやすいのでしっかりと真正面を向くようにしましょう。

そして、歩く時に骨盤を意識しながら膝を上げて足を引きづらないようにして踵から着地させます。

このように、立ち方や歩き方を意識することによって矯正によって元に戻った正しい姿勢と骨盤を維持できます。

まとめ

正しい歩き方や、立ち方、座り方で骨盤矯正の効果は長続きできます。

また、姿勢がよくなると新陳代謝も上がり、身体にとっていいことづくめですのでぜひ取り組んでください。

歩き方もそうですが、できるのであれば靴も毎日同じ靴を履くのではなく違う靴も履いて足をリラックスさせるとよいです。