反り腰の基本知識

投稿日:

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の姿勢に関するブログです。

若い人でも年配の方でも、慢性的な腰の痛みに悩んでいる人は数多くいます。

主な原因は腰回りのトラブルなのですが、そのトラブルの中に反り腰といわれるものがあります。

今回は、反り腰基本知識についてお話したいと思います。

反り腰とは

壁に背をつけた時に腰部に手が2つ分の高さ以上になっていると反り腰の可能性が高いと考えられています。

元々人間の身体は、内臓など重いものが前部にあるので前傾になっています。

そのバランスを取るために背骨や姿勢を支えている筋肉は後部についてます。

首から腰、そして太ももまで姿勢を支えている筋肉が正常な働きをしていると人はまっすぐ立つことができます。

しかし運動不足などで筋肉が衰えていると、正常な働きがしにくくなり背中の筋肉や腰回りのインナーマッスルだけで支えようとします。

常に負荷が掛かっている状態になるので、その負荷を和らげようと反り腰になります。

反り腰になる原因

反り腰になる原因は、腰椎や骨盤周辺の筋肉バランスが崩れていることです。

腰の上部にある脊柱起立筋や、背骨から太ももの骨まで伸びている腸腰筋、太ももの一部である大腿直筋、お腹の割れ目を司る腹直筋、太ももの裏側であるハムストリングと言った複数の筋肉が弱まっていると反り腰になります。

弱まる原因は、運動不足もそうですが長時間のディスクワークによる上記筋肉の衰えやインナーマッスルの衰え、自分に合っていない靴を履いていたり、悪い姿勢を長時間取り続けることにもあります。

反り腰を改善するには

一日の歩く時間や距離を増やすと自然と上記で挙げた筋肉が鍛えられます。

歩くのもいいですが、階段の上り下りをエレベーターから歩きに変えても効果が変わります。

また、反っている腰を伸ばすストレッチを定期的に行うのも重要です。

まとめ

腰の痛みを改善するには、自分の腰部がどうなっているのかをチェックしなければなりません。

また、トレーニングは定期的に行わなければ腰の痛みは再発しますし、定期的にストレッチも行って凝り固まった筋肉をほぐす必要があります。

腰の痛みを改善するには、筋肉や日頃の姿勢の改善など気をつけないといけないことが様々あります。

少しずつ見に付けて正しい姿勢を取り戻し、腰の痛みを解消したいですね。