ぎっくり腰になった際、やっては良いこと悪いこと

投稿日:

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の痛みに関するブログです。

日常生活を送っていて急に襲いかかってくる、悪魔のような激痛であるギックリ腰。

皆さんも一度は体験したことはあると思います。

下手すると1日中動くこともままならずに、痛みを我慢する羽目になってしまうので早めに改善したいですよね。

今回は、ぎっくり腰になった際、やっては良いこと悪いことについてお話したいと思います。

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰の正式名称は、急性腰痛症といい突発的に腰部に痛みが走る症状のことを指します。

何らかの原因で腰部関節の捻挫や筋肉の捻挫、筋膜の炎症が起こり痛みを伴います。

大半のぎっくり腰は改善できるのですが、病気が元で腰の痛みが出る場合もありますので、常日頃から体調管理をしておくことをすすめます。

だいたい3日から1週間ほど痛みが続き、少しずつ痛みは収まっていくのが一般的な経過です。

ぎっくり腰になった際、やって良いこと

ぎっくり腰になるとまず動けません。

なので痛みが収まるまでは、安静にしておくとよいです。

また、痛みが強いなら痛み止めなどと言った鎮痛剤も効果はありますので飲むとよいです。

痛みがある場所に熱を持っているようなら、冷湿布や氷などで冷やすことも効果的です。

この際、冷やしすぎには注意が必要です。

痛みが収まらずに動かなければならない場合、コルセットの使用も考えておいた方がよいでしょう。

しかし、一時的な使用にしておかないと筋力の低下を招いてしまいます。

ぎっくり腰になった際、やってはいけないこと

ぎっくり腰は3日以上の長期間、安静にしすぎると返って改善が遅くなると言われています。

ある程度痛みも収まってきたら、無理のない程度に動きましょう。

歩くことが怖くなっていると思いますので、まずは部屋の中を歩いて大丈夫そうなら部屋の外や軽く散歩などをして様子を見るとよいです。

上記では冷やすことをすすめてはいますが、熱を持っていない場合は冷やすと悪化する恐れもあるので注意が必要です。

まとめ

ぎっくり腰は安静にしすぎると逆に腰を悪くしたり改善を遅くしてしまいます。

痛み方や患部の状態によって改善方法などは変わりますので、様子を見ながら少しずつ身体を動かして改善に取り掛かりたいものです。

病気が原因の腰の痛みに気をつけつつ、しっかりと早めに改善できるよう対応を間違えないよう心かけましょう。