腰椎すべり症とは

投稿日:

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の痛みに関するブログです。

腰の痛みについて様々なお話をしてきましたが、腰の痛みを引き起こす症状の腰部脊柱管狭窄症と似たような症状があることはご存じでしょうか。

歩いたり走ったりすると疲れやすいこの症状は、耳慣れないせいかどのような症状なにか分からない人も多いかと思います。

今回は、腰椎すべり症についてお話させていただこうと思います。

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは、5つある腰の骨は椎間と言われる腰椎を支えている突起物のような関節があるのですが、これが様々なことが原因で椎間が壊れてしまい腰椎の一部が滑ったようにずれることからこの名がついてます。

椎間に以上がなくても、椎間板に異常が見られると腰椎すべり症になってしまう場合もあります。

このすべり方は2種類あり、一つは前方へとずれてしまう前方すべり、もう一つは後方へとずれてしまう後方すべりです。

前方すべりの事例が多く、すべり方によって3つのタイプに別れます。

女性に多く、骨狙しょう症になりやすい高齢者が多いとされています。

すべり症の症状

腰椎すべり症の主な症状は、腰部脊柱管狭窄症と同じように、腰の痛み、下半身の痛み、下半身のしびれが出てきます。

しびれによる歩行障害や違和感、足の冷えなど様々な異常が出るのが特徴です。

また、座っているとこの症状はでないのですが、長時間歩いたり動いていたりしていると痛みが強くなります。

すべり症の対応

基本的に悪い病気ではないですが、長期間放って置くとしびれなどが強すぎて歩けなくなったりします。

足にしびれなどを感じたら、病院でレントゲン検査などを行い身体の健康状態をチェックしましょう。

すべり症は、鍼灸や骨盤矯正、マッサージ等で痛みを和らげることはできますが、一度なってしまうと手術以外に元には戻りません。

日頃から、腰回りの負担を和らげることが重要です。

まとめ

一度すべり症になると一生付き合って行かなければならない症状なので、まずは予防することが大切です。

骨盤周りや太もも、股関節の筋肉の緊張をゆるめ必要があれば鍼なども行うとよいでしょう。

また、日頃から適度な運動やストレッチを行い腰に負担を掛けないようにすると予防にも繋がります。