腰部脊柱管狭窄症とは

投稿日:

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の痛みに関するブログです。

腰の痛みの主な原因は筋肉のコリが多いのですが、それ以外でもヘルニアといった症状など数多くの症状に悩まされます。

その一つに腰部脊柱管狭窄症というものがあるのですが、あまり耳にすることもなくどういった事に悩まされるのか、その症状の経験がないとすぐさま説明するのは難しいです。

腰の痛みから引き起こされる様々なトラブルは、似たような事が多々ありますので自身で判断ぜず専門家に診てもらう方がよいです。

しかし、ある程度知っていれば何らかの対策は打てますので、何かあった時の備えに覚えていて損はしません。

今回は腰部脊柱管狭窄症についてお話させていただきます。

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症は、腰から下の足部などが痺れを伴う痛みを負います。

少し休憩すると回復はするので、休んでは動き痺れ、また休んでは動きを繰り返してしまいます。

椎間板ヘルニアと同じように神経を圧迫されることによって引き起こされる症状なのですが、椎間板ヘルニアと違い椎間板が神経を圧迫するのではなく、背骨などの骨が神経が通る管である脊柱管を圧迫して起こります。

ですので、安静にしている分にはさほど痛みを感じることなく日常生活を送ることができたりするのですが、膝の屈伸運動や衝撃が加わるとその拍子に膝の骨などが神経を圧迫してその場所から痺れが発生します。

腰部脊柱管狭窄症の原因

主な原因は加齢によって脊柱管が狭まることにあります。

正しい姿勢がキープできずに長期間経過すると背骨の変形と共に脊柱管や椎間板などと言った所にも影響が出るので、若い時から正しい姿勢を身に着け維持する必要があります。

腰部脊柱管狭窄症の改善方法

腰部脊柱管狭窄症となっても日常生活に影響を与えない軽度な症状の場合は、薬に頼ったり整骨院の骨盤矯正で改善できる場合もありますので、経過を見る必要があります。

ただし、痺れがひどい時には最悪手術の必要もありますので、きちんと病院で診てもらう必要もあるでしょう。

足部の痺れは放置していても良いことはありませんので、色々な人と相談するとよいでしょう。

まとめ

椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症は似たような症状が出ますが、全く違いますので自己判断をせず病院のレントゲン等で診てもらってから改善していかなければなりません。

痺れが出る場合は、神経系になんらかの異常が発生している場合がほとんどですので、できるだけ早く改善するために対応をしていくほうがよいでしょう。

痺れは整骨院でも改善できる場合がありますが、症状によっては骨盤矯正などできない場合がありますのできちんと病院に行ってから整骨院を利用することをすすめます。