猫背についての基本知識

最新更新日:

投稿日:2019/5/24

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の姿勢に関するブログです。

姿勢が悪い事を誰かに指摘された、もしかして姿勢が悪いかもと自覚したことはありませんか?

もしかするとそれは猫背の可能性があります。

今回は猫背の事についてお話したいと思います。

自分の姿勢がどうなっているのかセルフチェック

やはり自分の姿勢がどうなっているのか、気になるポイントです。

そこで、簡単に自分の姿勢がどうなっているのかを簡単にチェックすることができます。

簡単にできますので、ぜひお試しください。

手順1:壁を背に立つ

まずは壁を背にして立ちます。できたらそのまま後ろに下がって、背中を壁につけます。

この時にいつもの姿勢で力を抜いた状態で立つようにしてください。

手順2:姿勢を確認する

この状態で、頭・背中・お尻・かかとのうち、頭とお尻が離れているようであれば猫背の可能性があります。

それではなぜ猫背の可能性があるのか、その原因を見ていきたいと思います。

猫背の原因

猫背の大きな原因は2つあります。

1つは長時間のディスクワークです。座り仕事のまま長時間同じ姿勢を続けると、身体は楽な姿勢作くり維持しようとします。

その時に、きちんと背筋を伸ばしておくとよいのですが、背筋を長時間伸ばして置くことは辛くどうしても前かがみになってしまうことがあります。

前かがみになると、腹筋や背筋を使わないため楽なのですが筋肉の衰えに繋がります。

筋肉が衰えると正しい姿勢を続ける事が難しいため猫背になっていきます。

2つめは長時間のスマフォを使用することによる姿勢の悪化です。

スマフォを見ると前かがみになり首に負担がかかります。

首の負担を減らそうと前かがみになり、それを長時間続けることで猫背になってしまいます。

猫背が原因で起こる痛み

人は寝ている以外、動いていなくても無意識に筋肉を使っています。

自然体でいることが何よりも筋肉の負担が少ないのですが、あくまでも正しい姿勢の時だけです。

猫背を始め姿勢が悪いと、首や背中、腰に掛けて負担がかかり筋肉がコリ固まってしまいます。

また、一部の筋肉がコリ固まるとその筋肉をかばおうと周辺の筋肉が無理をします。

結果、肩の痛みや腰の痛みにつながります。

また、猫背がずっと続くと神経なども圧迫しますので、筋肉での痛みの他に神経の痛みも引き起こします。

まとめ

ストレッチや運動、その他姿勢を正しくする道具がありますので効果的に使うことで正しい姿勢は保てます。

また正しい椅子の座り方もありますので、一度自分の座り方も見直すとよいです。

筋肉のコリやハリは日常生活の見直しをしないことには中々改善されません。

筋トレや運動だけすればいいというものではなく、その他のことが原因が考えられる場合がありますので出来るだけ悪いところは全部改善していきましょう。