肩の痛みやこりの原因

投稿日:

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の痛みに関するブログです。

肩が重かったり腕が上がらなくなる、首の根本が痛むなど現代社会にとって常に悩まされるのが首周辺の痛みです。

ちょっとした違和感を感じる程度の軽いものから、急激な痛みや慢性的な痛みが様々あり、痛みの特定は何も知らない人にとっては難しいです。

しかし原因さえ分かれば、痛みに対してのアプローチも見えてきます。

今回は、肩の痛みやコリの原因についてお話しようと思います。

辛い肩の痛みの原因

スポーツや急な衝撃等で追った怪我以外の痛みは、主に日常生活を送っている内に負荷が掛かる事によって痛みがおきます。

特に頭部は重いですから、それを支える為に首には常時負担が掛かっていますし、頭の位置が悪ければその負荷は増していきます。
またディスクワークで長時間同じ姿勢を取っているのも肩や腰に負担がいきますし、パソコン等のモニターを見ることも目を酷使することに繋がり、その事が原因で肩の痛みへと変わります。

他にもストレスや疲労などでも痛みがでます。

理由は様々ですがこれらの事が原因で、筋肉に疲労が蓄積したり血液の循環が上手くいかずにいると筋肉が緊張状態となり肩の痛みになるのです。

肩の痛みの種類

上記のこと以外でも何かしらの症状と合併して方の痛みが起こる場合があります。

むち打ち症や椎間板ヘルニアなどといった首部の異常は、肩や指先にも影響を及ぼしますので一度病院などで診てもらうことをおすすめします。

首の痛みの予防方法

急に痛くなった場合は冷やすなどの対処が必要ですが、慢性的な痛みには温める事が痛みの軽減になります。

また、ストレッチや運動を行い日頃から筋肉を動かす事も痛みの予防に繋がります。

運動やストレッチでも解消できない場合は、マッサージを行い血行の促進を行いましょう。

まとめ

肩の痛みやコリは、運動不足や同じ姿勢を長時間している人になりやすいのはもちろん、ほとんどの人が悩んでいる現代の痛みの一つです。

定期的に予防や対策を行い気をつけることで痛みの軽減はもちろんのこと改善もできますので、諦めずにマッサージなどを行いましょう。