坐骨神経痛の基礎知識

投稿日:

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の痛みに関するブログです。

下半身の神経で、人間の身体の中で一番大きいのが坐骨神経と言われています。

この神経は、腰からつま先の末端にまで伸びているので圧迫されたり刺激を受けると広範囲にまで影響を及ぼします。

今回は、坐骨神経の影響で起こる坐骨神経痛の基礎知識についてお話したいと思います。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は腰椎から足先まで伸びている太い神経の事を指します。

ここから太ももや足首、つま先へと広範囲に広がっているのですが、なんらかの原因でこの神経が圧迫されると足部の痛みとなって出てきます。

ふくらはぎや足先に鋭い痛みや、痺れを伴った痛み、または筋肉が張ったような感じなど感じ方は様々です。

気をつけないといけないことは、坐骨神経があまりにも広範囲な為、特定が可能な場合と難しい場合があることです。

坐骨神経の原因

坐骨神経痛の主な原因としては、椎間板ヘルニアを伴った坐骨神経の圧迫です。

腰部に椎間板ヘルニアが出来ると神経を圧迫するのですが、これが坐骨神経だった場合には坐骨神経痛を起こしてしまいます。

長時間同じ姿勢や重い物を急激に持ち上げたりすると椎間板ヘルニアになりやすいので注意が必要です。

また、神経の通り道が狭くなり周辺の神経を圧迫する部脊柱管狭窄症も坐骨神経痛の原因の一つに数えられます。

同じ変形といえば変形性腰椎症も原因の一つです。

これらは、加齢が原因で腰椎が摩耗、変形するので歳を取る毎にこれら症状のリスクが高まります。

坐骨神経痛の改善方法

坐骨神経痛の改善方法は、上記の原因を取り除くことが第一です。

また、重いものを持たない、姿勢に変化を与える、背筋や腹筋の筋肉を鍛えるなど予防にも力をいれなければなりません。

坐骨神経痛を改善していくと、他のことが原因の腰の痛みも改善できますので専門家に話を伺いながら進めていくとよいでしょう。

まとめ

坐骨神経痛は、腰部を痛めると連鎖的に発症してしまう場合があります。

運動不足と日頃から感じる人は無理をしないことが一番ですし、きちんと予防をすることで様々な腰のトラブルも回避できます。

腰回りの症状は重度になると取り返しがつかなくなる事が多くありますので、早期の改善と検査を心掛けるようにしましょう。