足と姿勢の関係性

投稿日:

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の姿勢に関するブログです。

きちんとした正しい姿勢を取れば、各部位の痛みを改善できますが、これまでは骨盤から上の部位のお話をしてきました。

前回の記事で軽く触れましたが、実は太ももや足なども正しい姿勢を作るためには必要な部位です。

きちんとした座り方や立ち方などをすることで、腰の痛みの改善にもつながります。

今回は、足と姿勢の関係性についてお話させていただきます。

全身を支えている足部

骨盤がしっかりしているときれいな姿勢を作れるということは正しいです。

ですので、骨盤の矯正を行い腰回りの負担を和らげるのですが、効果を長続きさせるためにはどこに注目するかというと、足ではないでしょうか。

足のバランスが崩れると関節で繋がっている骨盤も歪むのは道理ですし、骨盤は太ももの筋肉にも支えられています。

現代人は、裸足で行動する機会が減り運動不足だったりと必然的に足への負担を大きくしています。

足への負担が大きいと筋肉が連動する腰や背中、お腹の筋肉にまで影響を及ぼします。

その結果痛みにつながるのです。

立ち姿勢と座り姿勢の足の位置

立っている時、座っている時に膝同士をくっつかせることができない場合、骨盤に歪みが出ており重心が外側に向かっているのでO脚と言えます。

本来であれば、膝同士やくるぶし同士がくっついていなければなりません。

O脚になっていると身体の体重を支えている足の裏にも変な負担がかかります。

そうなると外反母趾になったりしますし、踵もカサカサになったりとデメリットだらけです。

骨盤の歪みと一緒に膝の位置、くるぶしの位置も注意することが大切です。

まとめ

腰から上ばかりに注目するのではなく、太ももや股関節、大腿骨や足の裏までしっかりケアすることで、骨盤矯正の効果も長続きします。

逆にケアを怠ると、腰の痛みにも繋がりますので足の役割をしっかりとみるようにしましょう。