骨盤ベルトを正しく使うための基礎知識

投稿日:

骨盤ベルトは元々は女性が産後に不安定となる骨盤を固定することによって、O脚やウエストの引き締めに使うものです。

昨今では、男性も運動不足により骨盤が歪みがちなので腰の痛みを予防するのにも効果があります。

女性だけではなく、男性にも効果があるのできちんとした知識を得るためにも

今回は、骨盤ベルトを正しく使うための基礎知識についてお話したいと思います。

骨盤ベルトの仕組み

骨盤は、その上にある内蔵や骨などを支えている役割があるため、どうしても横に広がりがちになってしまいます。

特に女性は赤ちゃんも支えるため、どうしても骨盤に負担が掛かります。

骨盤ベルトの仕組みは、重さで横に広がろうとする骨盤の負担をベルトで締めることで負担を軽減させて安定させることにあります。

また、固定することで動きにくくはなりますが、動くことで痛みが発生する症状を軽減させる役割も持っています。

骨盤ベルトの間違った知識

腰の痛みが改善できるわけではない

骨盤ベルトは、骨盤を固定して腰椎や骨盤に掛かる負担を一時的に軽減しているものなので腰の痛みを直接改善しているわけではありません。

痛みを軽減する事と改善する事は、別の事だということをしっかりと認識しないといけません。

骨盤ベルトそのものにダイエット効果はない

骨盤を固定するために締め付けるだけなので、ベルトをしている間はウエストが細く見えますが筋肉や脂肪量は変わっていませんので根本的に痩せていません。

痩せたいのであれば、きちんと脂肪を燃焼させるなどきちんとしたダイエットが必要です。

骨盤ベルトの注意点

広がっている骨盤に対しては効果がある骨盤ベルトですが、元々広がっていない骨盤に使用すると悪影響を及ぼし、かえって腰の痛みにつながってしまう場合もあります。

骨盤が広がっているかどうかは見ただけではわかりません。

骨盤ベルトをしていて、逆に痛みがでるようであれば使用を一旦止めて専門家などに話を伺うとよいでしょう。

また、自分に合う骨盤ベルトや付け方を誤ると十分に効果を発揮できませんので注意してください。

まとめ

骨盤ベルトは、身体に掛かる負荷と痛みを軽減させる効果を持ってはいます。

しかし、それ以上の事はできませんし楽だからと言って使いすぎると筋力低下にもつながります。

どうしても痛い時に使いつつ、根本的な改善を別の手段で補うとよいでしょう。