股関節の役割

最新更新日:

投稿日:2019/6/10

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の姿勢に関するブログです。

股関節は姿勢を司る、骨盤と密接に連動しており身体を支えています。

その動きはとても複雑ですので、日頃からケアをしていないと運動や歩行に支障が出てしまいます。

また、姿勢にも影響を与えてしまう部位でもありますので、きちんとした知識を持たなければなりません。

今回は、股関節の役割についてお話いたします。

股関節の仕組み

股関節は、骨盤に付いている凹んでいる骨である、寛骨臼と太ももの骨である大腿骨の先端にある突起物が合わさってできたものです。

若い時や運動をしている時は柔軟性もあり何も問題がないのですが、年を重ねたり運動不足になると股関節が固くなり運動する際に痛みを伴います。

何気ない動作でも痛みを伴いますので動くことが億劫になります。そうなると筋肉がさらに衰え、痛みが更に悪化していきます。

股関節を痛みなく使い続けるには、柔軟性を持たせることや栄養をしっかりと摂って軟骨のすり減りを極力抑えるようにしないといけません。

股関節の役割

股関節の役割は、歩く走るなどと言った足の運動を行う際や、歩く際の振動の軽減が挙げられます。

また、股関節の周囲にはたくさんの種類の筋肉が骨盤から大腿骨を支えるように覆ってますので、姿勢を保つようにもできています。

股関節の痛みに対するする悩み

股関節が痛い場合、考えられる原因として軟骨のすり減りや、筋肉の緊張化などがあります。

筋緊張が原因なら整骨院でも改善が可能なのですが、軟骨のすり減りやその他の事が原因ならば病院での診察が必要になります。

どういう時に痛みが出るのかを詳しくメモをしておくとよいでしょう。

しかし、筋緊張が原因な場合でも股関節周りはとてもデリケートな部位ですので、自分でも出来るストレッチを覚えておくのもよいでしょう。

まとめ

股関節は複雑な動きを可能にしている以上、様々な痛みのトラブルを抱えます。

中には生活に支障をきたす深刻な場合もありますので、痛みが出たら放置せず病院などにすぐ行き、日頃からメンテナンスを心かけましょう。