腰の痛みに関係している筋肉

投稿日:

お元気様です。

熊本県熊本市の整骨院元くまなん院の痛みに関するブログです。

老若男女問わず、悩まされる痛みの多くが腰の痛みです。

腰の痛みは様々なことが原因となっており、自分では原因の特定が非常に難しいです。

しかし、ある程度筋肉や骨の構造を知っておくと、予防するために必要な運動や痛みを軽減する方法などと言った対応が調べやすくなります。

今回は、腰の痛みに関係している筋肉についてお話したいと思います。

複雑な腰の筋肉

腰周りの筋肉はとても複雑に絡み合っており、背骨から骨盤の前方に走っている大腰筋や腸骨筋、腸腰筋が弱まっていると反り腰になってしまいます。

また、腹直筋という言わゆる腹筋の一部の筋肉も弱くなっていると骨盤が前傾して腰の痛みへと繋がります。

背面の筋肉では、脊柱起立筋群が背中から骨盤へと伸びており、大腿二頭筋と一緒に骨盤の裏を支えています。

これらの大きな筋肉を支えているのがお尻の筋肉である、大殿筋や中殿筋、上下双子筋、大殿方形筋、内閉鎖筋といった細かい筋肉達です。

このように、様々な筋肉が腰を形作っていますので一部に負担が掛かりすぎる事を行うと腰の痛みを誘発します。

腰の痛みを引き起こす筋肉

正しい姿勢は、身体の前方と後方の筋肉がバランスよく整っている必要があります。

基本的な腰の痛みを引き起こす筋肉は、姿勢を司っている脊柱起立筋や、腹直筋、腸腰筋などを意識してストレッチやトレーニングをしましょう。

座っている事が多い仕事をしていると、大殿筋や中殿筋などに負荷がかかりますので、定期的に立って伸ばすとよいですしトレーニングも効果的です。

ギックリ腰などの急な腰の痛みは、腹筋と背筋の筋力低下や疲労の蓄積、急な負荷が掛かったりなどが原因が多いので、腹筋や背筋をバランスよく鍛えることが重要です。

自転車のように空中で足を回す動作は、腹筋と背筋同時に鍛えることができるのでおすすめです。

腰の痛みが出た時の対処

腰に痛みが出た場合、急性と慢性では対処法が違います。

対処を間違うと悪化させてしまう場合がありますので、痛みが収まらない場合は診てもらうようにしてください。

基本的に、痛みが出る場所が熱を持っていたら冷やしてその後温めます。

痛みなどが慢性化していると熱を持たない場合が多いので、すぐに温めても大丈夫です。

この時注意しなければならない事があり、冷やしすぎても温めすぎても身体にはあまりよくありません。

適度に行うことが早期改善につながります。

まとめ

腰の痛みが出る場合、姿勢の改善、筋力アップ、ストレッチである程度は改善できます。

しかし、これはあくまでも筋肉が原因での腰の痛みですので椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、腰椎分離症・分離すべり症、脊髄腫瘍、転移性脊椎腫瘍、脊椎椎体骨折といった他の症状だと効果はありません。

まずは無理のないように身体を鍛えて腰の痛みの予防に努めましょう。

上記の症状の場合は、素人には判断が付きませんので病院に行くことも肝心です。