鍼に痛みはあるのか

投稿日:

お元気様です。

熊本県熊本市南区の整骨院元くまなん院の施術に関するブログです。

ちょっと痛い感じがして、やるかやらないかを考えた時に大半の人が遠慮されるのが鍼で身体の痛みを改善する方法です。

痛いというイメージから、どういった改善方法なのか、どんな痛みに効果があるのか、どういった時にすればいいのかなど興味が持てず知らない事ばかりだと思います。

そこで今回は、鍼の痛みについてお話したいと思います。

鍼で血が出ない理由

尖った鍼を身体に指すので痛いというイメージがありますが、鍼の太さは0.2~0.14mmという極細の器具を使っているため皮膚から体内に入る時の抵抗力が限りなく少ないのであまり痛いとは感じないと思います。

感じてもチクッとした虫刺され程度の痛みに収まります。

痛くない人もいますが、異物が体内にあるため違和感を感じると思います。

そして痛くない理由の一つが細さの他にもあります。

それは注射器のように先が尖っておらず丸まっています。

この丸みが皮膚を傷つけないので血がでることが殆どありません。

これらの作りにより、鍼は痛いと言うよりもツボを押されているような感じを受けると思いますので思っているほど痛くはありません。

鍼での改善を終えた後

鍼を抜いた直後は軽くけだるさを感じます。

これは鍼を刺すことによって周辺の筋肉を刺激し新陳代謝が上がる事により一時的な筋肉疲労を起こします。

あまり運動していない人は、軽い筋肉痛を感じる場合もありますので、その時は無理せず仮眠を取るなり横になるなり休息を取るようにしてください。

鍼を避けたほうがよい人

鍼での痛み改善は様々な効果が認められていますが、反対に鍼での改善を避けた方がいい場合もあります。

血が出やすかったり血が固まりやすい方や、妊娠中の方、悪性疾患のある方は悪影響を及ぼす場合がありますので、医師の説明や同意を受けてするようにしてください。

まとめ

鍼には怖いというイメージがつきまといますが、骨盤矯正とは別の、痛みに対してのアプローチ法として大変有用です。

特性やデメリットをしっかりと抑えておけばマッサージや矯正以上の効果も得ることが可能ですので興味がある方は一度体験してみてはいかがでしょうか。

ただし、体内に異物を入れる以上、危険が伴いますのでしっかりとした調査が必要になります。