スポーツ外傷

こんなお悩みありませんか?|熊本整骨院元くまなん院
  • サッカーをして足首を捻挫した
  • 腰痛でゴルフが出来ない
  • 走ると足の裏が痛い
  • 長時間走ると膝が痛い
  • 野球をして肩が痛い
骨盤矯正治療|熊本整骨院元くまなん院
スポーツ障害の治療はもちろん、 ストレッチやコンディショニングも 熊本整骨院元にお任せ下さい!

スポーツでの様々な怪我や痛み 熊本市南区 整骨院元 くまなん院

ラグビー、サッカーなどのコンタクトスポーツ(身体と身体の衝突のあるスポーツ)は勿
論、野球や陸上競技などでも、スポーツや格闘技を行なう上で怪我は付き物です。
しかしスポーツや格闘技をする上で同じ部分を怪我したり、痛みのあるまま競技を行なったりしているのが現状であると思います。

筋肉痛や捻挫による関節周囲の炎症などは、痛みのあるままで競技を行なっていくことで、その症状を改善していく場合などがあります。

しかしほとんどの怪我の場合において、痛みのあるままで競技を行なうことは、怪我の再発や他の部分を痛めてしまうリスクが高くなってしまいます。

また痛みが一旦引いた場合でも、関節のズレをそのままにしていると、更に痛めやすい状態になったり、競技の練習などを行なうことで炎症が出て来たりすることになります。そのまま続けていると、不可逆的な損傷(元の状態には戻らない様な怪我)になってしまいます。

スポーツ外傷のイメージ|熊本整骨院元くまなん院

多いのは足首の捻挫で、炎症が治まるまで練習を休んだりしていても関節のズレを戻さないと、走るたびに炎症が生じて冷やすことを繰り返すようになります。

それを続けていると炎症が治まり難くなり、足首の関節の軟骨が割れたり可動域が悪くなったり、逆に動きを制限しないといけない方向に動くようになったりします。

これは捻挫の痛みが関節周囲の炎症から来ている為に炎症が治まったら完治だと判断してしまうためです。

なぜなら捻挫した際に、関節の周囲の組織を痛めるほど普通の動きの範囲(可動域)を超えて動くために、関節の骨と骨の位置関係が元の状態とはズレが生じてしまう為です。

その他の関節についても、レントゲンではわからないほどの骨と骨の位置関係のズレや関節構造が損傷した後に回復する中で元々の細胞とは性質の違う細胞になることで関節の動き(軸)が変わってくる為だと考えられます。

その他、怪我を元々しなくても、姿勢や癖によって痛みが生じる場合もありますので、詳しくは一度、ご来院頂いてご相談ください。

熊本市南区 整骨院元 くまなん院のスポーツ外傷の治療

スポーツ外傷の治療は、原因の特定により要因としての姿勢や癖の把握と直接的な原因からの治療方法を導き出すことが最も大切だと言えます。特に姿勢や癖からの要因は、長年そのままの状態だった為に治り難い状態になっている場合があります。

それは姿勢や癖が単に安静にしていて治る様な怪我ではないからです。

整骨院元 くまなん院のスポーツ外傷の治療は、直接的な痛みだけでなく姿勢や癖を改善することで、怪我をした原因である悪い姿勢や、競技を行う際の癖などまでも治療の対象として診ていきます。

そうすることで、怪我の再発や新たな怪我を防止することが出来ます。

直接的な原因に対する治療は、安静が一番なのですが、ただ単に休んでいるだけでは怪我の部分が癒着し硬くなり元の状態にはならずに関節の動きが悪くなったり筋肉が突っ張ったりします。

そこで血行を改善し治癒力が上がる様にし、関節や筋肉の動きが悪くならない様に癒着が正常な動きの邪魔にならない様に動かし癒着し邪魔する部分は癒着剥離の施術を加えていきます。そして姿勢や癖の改善のための矯正を行なっていきます。

以上の様に、基本的には直接的な損傷に対する治療と姿勢や癖に対する治療の二本立てで行なっていきますが、患者様一人ひとり姿勢や癖が違いますので、一度ご来院頂いてご相談ください。

まずはお気軽に当院まであなたのお悩みの症状についてご相談ください。

まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。そうすると整骨院元のスタッフが電話にでますので『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

contact button

LINE@お友達募集!LINEからもご予約できます

line_kumanan