四十肩・五十肩の治療

四十肩・五十肩でお悩みではないですか?|熊本整骨院元くまなん院
  • 肩の痛みが一ヶ月以上続いている
  • 腕が肩の高さ以上に上がらない
  • 結滞動作(腰の後ろで帯を結ぶ動作)やブラのホック留めが出来ない
  • 夜中に肩が疼く
  • 肩の広範囲が痛い

四十肩・五十肩とは

動かさないことによって細胞が変化し硬くなることがあります。その状態で普通に動かすことの出来る範囲を超えて動かした場合、変化した細胞が傷つけられます。

肩関節は通常大きな可動域を持ちます。その動きを可能にする為に筋肉と靭帯が複雑にありますので一箇所でも傷付くと少し動かしただけで傷んだ部分を引っ張り痛みが出ます。
その為に損傷部位の特定や、痛みの原因を突き止めるのが難しくなります。

筋組織や腱組織、靭帯や関節包といった軟部組織が硬くなるには、年月がかかります。
肩関節の場合では四十代くらいで動きが悪くなり始めるので、その為に元々は五十肩と呼ばれ、最近では若年齢化してきているので、四十肩も加わり通称として四十肩・五十肩と呼ばれています。

治っていく過程で傷ついた部分がくっ付いていく(癒着していく)ので、血管や神経も巻き込んで細胞がくっ付いていく事で、痛みや疼きなどが生じます。
夜寝ていて痛みが強くなることや、夜間の疼きなどがある原因は、肩関節(損傷部位)が心臓よりも高い位置にある為に、横になった際に立っている時よりも肩の部分の血圧が上がる為に、神経を刺激して痛みや疼きが強くなると考えられます。

石灰沈着性腱板炎(腱板と呼ばれる腕の筋肉の骨に付く部分に、カルシウムが沈着して炎症が生じるもの)の様に痛みの原因や部位が分かっているものは傷病名が付いています。つまり四十肩・五十肩とは肩関節付近に問題があり痛みがあるが、原因や部位が特定し難いもので、原因の根底に加齢による軟部組織の変化があるものと言えます。

四十肩・五十肩の治療は?

軟部組織が硬く変化しているので、その部分を緩めることが大切ですが、長年かかって硬くなっているので、改善することが難しいです。

また損傷箇所が周囲を巻き込んでいく為に動きが悪くなりますが、肩関節は人間の体の中でも一番可動範囲の広い関節ですし、人間の動作の中で腕を使用しない事はほとんど無いので、治っていく過程でも再度痛めてしまい易いのも、治療が難しい原因の一つと言えます。また痛みの範囲が広いことや少しの動きでも痛みが生じることも損傷部位の特定が難しくなり、それもまた治療が難しい原因の一つと言えます。

治療は

  • 損傷部位の特定
  • 可動範囲の検査と触診で動きの評価
  • 上記の二つから導き出した原因の治療と安静
  • 日常生活を含めた痛みの出る動作と安全な動作の指導
  • 可動域を改善する為の治療と運動指導
上記の5つは最低でも行っていかなければならない点です。

まずはお気軽に当院まであなたのお悩みの症状についてご相談ください。

まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。そうすると整骨院元のスタッフが電話にでますので『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

contact button

LINE@お友達募集!LINEからもご予約できます

line_kumanan